収束どころか感染の第3波で幕開けした2021年

新年あけまして、おめでとうございます。住宅コンサルタントの平賀 功一です。

昨年、2020年はコロナ災禍に翻弄された1年でした。「3密」が流行語大賞に選ばれるなど、マスク姿が新たな日常として、すっかり定着しました。感染症という見えない恐怖が不動産市場を凍てつかせ、マーケットは視界不良と化しました。

住宅市場は規模の縮小を余儀なくされています。12月末に公表された2020年11月の新設住宅着工戸数は17カ月連続で減少(前年同月比)し、昨年1年間に発売された首都圏の新築マンション戸数は約2万4000戸になると予想されています。この影響は2021年も引きずるに違いありません。

今年は「オリンピック」と「選挙」の年になります。7月23日から東京オリンピック、8月24日からはパラリンピックが開催予定です。また、それぞれの任期満了に伴い、衆議院議員選挙と東京都議会議員選挙が行われます。

菅総理は昨年10月の所信表明演説で、2050年までにカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言しました。政府は早々に「グリーン住宅ポイント制度」を創設するなど、今年は不動産業も「環境」がキーワードになるでしょう。

リモートワークを起因に人々の住宅観は変化しつつあります。住まいの環境性能が再び注目されるのは必然といえそうです。本サイトでも最新トレンドを追いかけ、読者の皆さんに情報発信してまいります。

《参考》2021年の主なイベント
  • 通常国会が1月18日に召集される
  • アメリカの大統領に民主党のバイデン氏(就任時78歳)が就任する(1月20日)
  • 大阪のユニバーサル・スタジオが、新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を開業する(2月4日)
  • IKEA(イケア)が、都心型店舗の3店舗目となるIKEA新宿を2021年春に開業する
  • 東京オリンピック(7月23日~)、東京パラリンピック(8月24日~)が開催される
  • 衆議院議員選挙(10月21日で4年の任期満了となる)
  • 東京都議会議員選挙(7月22日で4年の任期満了となる)
  • 東日本大震災(2011年)から10年の節目を迎える(3月11日)
  • アメリカ世界同時多発テロの勃発(2001年)から20年となる(9月11日)
  • 9月に「デジタル庁」が創設される
  • 3年に一度の固定資産税の評価替えが行われる